【動画】井上尚弥が初ダウンを奪われた理由はなぜ?~ネリ戦~

スポンサーリンク

2024年5月6日に「モンスター」こと井上尚弥選手ルイス・ネリ(メキシコ)選手のボクシングスーパーバンタム級タイトルマッチ12回戦が東京ドームで行われました。

その結果、井上尚弥選手が見事6回戦目でTKO勝利を収められ、日本人としては初の4団体統一王者として初の防衛成功を果たされました。

井上尚弥選手の試合は毎回、安心して観ていられるのですが、今回はちょっとヒヤッとするシーンもありました。

それが井上尚弥選手の初ダウンシーン。

今回は、井上尚弥選手がなぜ初ダウンを奪われたのか?その理由や動画について深掘りしていきます。

スポンサーリンク
目次

井上尚弥選手がネリ選手に6回TKO勝利!

i引用元:日刊スポーツ

4団体統一スーパーバンタム級王者の井上尚弥選手の防衛戦が2024年5月6日に行われ、対戦相手であるルイス・ネリ選手との死闘の末、6ラウンド目に井上尚弥選手がTKO勝利をされました。

この井上尚弥選手の勝利は、日本人初となる4団体統一王者としての初防衛でもあるため、その偉業は本当に素晴らしいものなんですね。

もちろん、この試合の勝者は誰もが井上尚弥選手であると確信していたわけですが、今回の戦いはこれまでに類を見ない「ある出来事」がありました。

その「ある出来事」とは、井上尚弥選手のプロキャリア初のダウンを喫した事でした。

引用元:デイリー
スポンサーリンク

井上尚弥選手が初ダウンを奪われた動画

井上尚弥選手がプロキャリア初のダウンを喫してしまったのは、1ラウンドで起こりました。

両者が接近戦を繰り出す中で、ネリ選手の放った左フックが井上尚弥選手の右顔面にモロにヒットしたことで、井上尚弥選手は大きく左に回転する形でリングに倒れ込んでしまったんですね…

ではその時の実際の動画をご紹介しますね

いかがでしょうか?

これまで井上尚弥選手が相手のパンチによってダウンを奪われ、リング上で倒れることなど一度も無かったわけですから、このシーンはとても意外というか、むしろ違和感を感じてしまう映像ですよね…

その証拠に、倒れた井上尚弥選手本人もまるで(信じられない)といった表情を浮かべているようにもみえますからね。

しかし、そこでおもいっきり風向きを変えたのはさすが「モンスター」こと井上尚弥選手で、2ラウンドでは左フックでネリ選手からダウンを奪いました。

さらに5ラウンド目においても井上尚弥選手はロープ際で再び左フックでネリを2度目のダウンを取り、そして6ラウンド目にてロープ際強烈な右ストレートを浴びせ、ネリ選手から3度目のダウン。

これによって井上尚弥選手はTKO勝利を収めました。

引用元:デイリー
スポンサーリンク

井上尚弥選手が初ダウンを奪われた理由はなぜ?

上の動画でもお伝えした通り、井上尚弥選手は今回の試合でプロ初のダウンを喫してしまったわけですが、この見慣れない光景に対し、私worksが思わず抱いてしまった疑問がありました。

それは(初ダウンを奪われた理由はなぜだったんだろう?というものでした。

こちらについて考えうる理由としては、井上尚弥選手の勝利後のインタビューから見えて来るものがありました。

「皆さん、1ラウンド目のサプライズ、たまにはいかがでしょうか」
「ここ東京ドームで34年ぶりの日本人メイベント。自分自身すごくプレッシャーがあったんですけど、こうして皆さんの力が僕のパワーになりました」

この「サプライズ」という発言についてはやはり照れ隠し的な意味があるのでしょうが、やはり日本人ボクサーが東京ドームで試合を行うのが34年ぶりだったことから、大きなプレッシャーを感じていたと思います。

こういったことから、やはりそのプレッシャーの大きさは尋常ではなくて、いつもの調子をフルパワーで発揮することが難しかったのが初ダウンにつながったのかもしれないですね。

とはいえ、かえってダウンを喫したことで吹っ切れて、その後の3回のダウンを奪う事ができたのかもしれませんね。

何にせよ、今回もまた素晴らしい戦いを見せて頂きました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次