セルビアのルブリッチ16番はスパイクが強烈!【男子バレー2023】

スポンサーリンク

現在3勝1敗と、好調の日本男子バレーボールのワールドカップ2023

この戦いでは翌年のパリ五輪出場を賭けてとなりますので日本は何が何でも落とすことのできない戦いとなっています。

さて10月6日に対戦予定のチームは強豪セルビア。そしてその中での注目選手の一人がルブリッチ選手です。

スポンサーリンク
目次

セルビアのルブリッチ16番はスパイクが強烈!

セルビアの背番号16番・ルブリッチ選手はなんといってもその長身を活かした強烈スパイクがウリです。

名前:ドラジェン・ルブリッチ
身長:202㎝
体重:90㎏
スパイク高さ360㎝・ブロック高さ350㎝

まさに【壁】ですね…

ルブリッチ選手のポジションはオポジットですので、攻撃的なスパイクを武器に日本チームへ襲い掛かることは間違いないでしょう。

引用元:https://theblueoceanjournal.com/drazenluburic2023/
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 90bc38ea45a886409f55c34c626663c7.jpg
引用元:長﨑新聞

こちらはプレー動画です。向かって左側の赤色ユニフォームの9番ルブリッチ選手です

やはり長身&強烈なスパイクがコワいですね…

ちょっと和み系ルブリッチ選手

和み系もういっちょ!

なんか憎めない方ですよね(笑)

実は過去に日本リーグチームでプレーをしていたことがある

ルブリッチ選手は過去、日本の男子バレーボールチーム「Vプレミアリーグ」の一つ【JTサンダーズ広島】に所属していたことがあります。

2016年~2017年にかけて、当初はポーランド代表のバルトシュ・クレク選手と契約したいたのですが、諸事情あり契約解除。

同選手に代わってルブリッチ選手が加入した、といういきさつがありました。日本でのプレーは僅か1~2年でしたが、

2016年のFIVBバレーボール・ワールドリーグセルビアが優勝しており、その優勝メンバーの一人でもありますので決してあなどれません。

ある意味、日本の戦い方を知っているルブリッチ選手率いるセルビア代表チームがどこまで対抗して来るのか?が見ものです。

現在開催中の【FIVBワールドカップ2023年】の試合結果としては、2023年10月6日時点で

セルビア <戦績3勝1敗
セルビア1ー3トルコ
セルビア3ー0チュニジア
セルビア3ー1エジプト
セルビア3ー0フィンランド

日本 <戦績3勝1敗
日本3ー2フィンランド
日本2ー3エジプト
日本3ー0チュニジア
日本3ー0トルコ

というように、どちらも3勝1敗で、ほぼ互角といった印象ですね。

なので、10月6日の日本対セルビアの戦いの勝敗によって残り2試合の流れを大きく左右するのではないかと思います。

まずはがんばれ!日本!

日本男子バレーの要。西田有志選手の活躍の裏にはこんなこともありました…

あわせて読みたい
【動画】バレー西田有志の誹謗中傷内容が酷い!なぜ被害を受けたのか? 2023年9月16日から『FIVBパリ五輪予選ワールドカップバレー2023』が開幕しました。 そして早くも女子日本代表が初戦の対戦国ペールを3-0で下し好スタート!男子日本代...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次